メールマガジン

2011年

メールマガジン配信をご希望の方は 所属、氏名、メールアドレス、連絡先を明記の上、こちらまで

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

◆◇◆FMIC メールマガジン◆◇◆
2011年03月18日 第74号 http://www.fmic.jp

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

◆◆東日本大地震の被害にあわれた皆様に心からお見舞い申しあげます。◆◆

FMICはJMAC(日本能率協会コンサルティング)とドイツのIMIG社による戦略的合弁企業として設立されたコンサルティング企業です。企業の成長戦略デザインとその実現化プロセスをサポートします。

▼ INDEX ▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      
 (1)はじめるをはじめよう(その51)
 (2)2011年第1期 特別セミナーのご案内
 (3)特別企画研究会【企業を超えて未来を創る<未来維新会>】
 (4)出版物のご紹介
  
▼「はじめるをはじめよう(その51)」 ▼━━━━━━━━

東日本大地震・私たちがするべきこと

                       FMIC 大岩和男・岩崎壽夫

先週金曜日、3月11日に東日本大地震が発生した。東北地方では想像も出来ないほど甚大な被害が発生した。被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。また、福島原子力発電所のことも本当に心配です。

この大惨事に、海外から驚きの声が聞こえるのは、日本人の「冷静さ」「助け合い精神」である。被災地の避難所の人々は、この状況下でもパニックを起こすことなく、支援を待ちながら立ち上がろうとしている。計画停電についても、使うのが当たり前だった電気について、その電源や供給先についてあらためて認識を深めた。被災地のことも忘れて、あわてて目先の買占めに走った東京の人のことを「はずかしいことだ」と言う声が、多数出るようになった。私たちのお客様である企業の方々も、停電対策や資材等が滞る中で、必死に生産やサービスの立上げに努力されている。

これまで日本は戦争や数々の災害に合い、壊滅的な状況となっても復興してきた。今こそまた改めて、壊滅した町を、犠牲になった人々のためにも日本中が力を合わせて復興していかなければいけない。その時、私たちがするべきこと、それは、ボランティア活動・節電・義援金・企業活動の活性化・諸環境の整備等、動ける人・働ける人が冷静に自分の仕事・自分たちにできることに従来以上に取り組むことである。

FMICでは自分たちにできることとして、3つの取り組みを開始した。
 ①従来以上にがんばって働く
  ・働きたくても動けない人に代わって従来以上に働く
  ・縮みこまりがちになる気持ちを抑えて、積極的に動く。
 ②災害地応援のボランティアチーム編成と派遣準備
  ・現地受入れ環境が整い次第に会社から有志のボランティア派遣
  ・お客様に迷惑をかけないために派遣者の仕事を皆で計画応援
 ③節電・節水・徒歩通勤・自転車通勤等
  ・できる範囲で時差出勤や徒歩・自転車通勤で省エネ努力
わたしたちにできることは限られているが、小さい動きが大きな動きになって少しでも早く、元の環境に戻れることを目指して、努力していきたい。

=====================================================================

■2011年第1期 FMIC特別セミナー<PR>

【未来戦略経営の実践】

 ~ 目先対応から収益力ある未来戦略へ ~

   2011年第1期開催のFMICセミナーをご案内申し上げます。

 「今日の経営」、「未来の経営」、「基盤強化手法」の3レイヤー、全15講
 座を開催いたします。FMICの未来戦略を通して、企業皆様の現在と未来の課
 題を解決していただくための支援として、ご活用ください。
 ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。E-mail

 <FMIC未来戦略>
 企業や事業としての未来を描き、その実現に向けた戦略・技術・プロセス等
 を構築すること

 ・中長期事業戦略と未来戦略の融合
 ・未来志向の次世代コア人材育成
 ・グローバルで勝つための未来戦略
 ・未来戦略を実現する2軸マネジメント

 [お勧め講座] *()は講座番号
  1.中期計画や経営戦略のレベルアップに向けて
  (F-02)未来戦略経営の実践から学ぶ <04月14日>
  (F-03)次世代経営リーダーのための未来開発マネジメント <05月18日>
2.事業計画の実現力・変革力強化に向けて
  (G-01)職場をみるみる変える≪板書ファシリテーション術≫<03月25日>
  (G-03)戦略思考ツールの使い方と未来思考力強化 <04月22日>

=====================================================================

■FMIC特別企画研究会 【企業を超えて未来を創る(未来維新会)】

様々な企業の方々を一同に介し、未来産業を創発するという志のもとで、企業
横断型の研究会「未来維新会」を開催しています。

<<第三期でも多くのアイディアが生まれました>>
お陰様で多くの皆様にご参加頂き、様々なコラボレーションが実現されました。
その中から、世の中の価値観を変革させる「地球規模の構想」、地域の知恵と
先端技術を連鎖させる「地域産業モデル」等のアイディアが生まれました。

第四期では、これらアイディアの実現に向けた検討、新規未来産業アイデアの
創出等に取組む予定です。近日中にご案内をさせて頂きますので、ご興味のあ
る方には是非ご参加頂きたいと存じます。

第4期 12月~3月 参加者20名で開始
第5期  5月~8月 募集中

未来維新会では「構想」から「実践」へと展開すべく今後も続けていきたいと
考えております。

====================================================================

■出版物のご案内

『未来戦略シナリオ』  
 企業のリーダーやマネジメントに携わる方々。また、未来に向けた戦略立案に関心のあるビジネスパーソンの皆様はぜひご一読ください。
 https://ssl.fmic.jp/sendmail/ApplyBook.html

『職場を変える 富士通の品質改善活動(Qfinity)』
 21世紀型の全員主役・俊敏改善の基本手法と事例が紹介されています。
 FMICも活動展開と執筆に協力させていただきました。
 https://ssl.fmic.jp/sendmail/ApplyBook.html

 上記2冊は弊社HP、または各書店HP・店頭にてご購入いただけます。

 ▼FMIT 技術資料▼
  1.真のグローバル化による成長戦略
  2.イノベーションとは未来づくり
  3.サムスン電子の開発価値革新に学ぶ
  4.気づきからイノベーションを
  5.デジタル時代を支える本人認証
  6.企業連携による新規事業の立ち上げ
  7.板書ファシリテーション

 未来開発経営の技術を広く社会へ提言。未来経営を担うリーダーの皆さまの必読書です。ご購入・ご質問は下記メールアドレスにお問合せください。

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

FMIC個人情報保護に対する基本方針について
http://www.fmic.jp/policy.htm

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

FMICメールマガジンのバックナンバーはこちら
http://www.fmic.jp/Mailmagazine/

書籍のご購入、このメルマガに対するご意見、その他ご要望はこちらまで E-mail

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

このFMICメールマガジンは(株)FMICが主催するワークショップにご参加頂いた方、及び弊社コンサルタントが名刺交換させて頂いた皆さまにお届けしております。受信アドレスの変更、配信の中止、掲載された情報の転載を希望される場合は、下記までご連絡ください。
E-mail

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

(株)フューチャーマネジメントアンドイノベーションコンサルティング
〒105-0001 港区虎ノ門4丁目2-12 虎ノ門4丁目MTビル2号館
TEL:03-3459-8178 FAX:03-3459-8179
編集(佐藤・梅北)

FMIC: http://www.fmic.jp/
JMAC: http://www.jmac.co.jp/
IMIG: http://www.imig-ag.de/