メールマガジン

2011年

メールマガジン配信をご希望の方は 所属、氏名、メールアドレス、連絡先を明記の上、こちらまで

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

◆◇◆FMIC メールマガジン◆◇◆
2011年04月15日 第76号 http://www.fmic.jp

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

◆◆東日本大地震の被害にあわれた皆様に心からお見舞い申しあげます。◆◆

FMICはJMAC(日本能率協会コンサルティング)とドイツのIMIG社による戦略的合弁企業として設立されたコンサルティング企業です。企業の成長戦略デザインとその実現化プロセスをサポートします。

▼ INDEX ▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      
 (1)はじめるをはじめよう(その53)
 (2)2011年第1期 特別セミナーのご案内
 (3)特別企画研究会【企業を超えて未来を創る<未来維新会>】
 (4)出版物のご紹介
  
▼「はじめるをはじめよう(その53)」 ▼━━━━━━━━

振返り分析は△(さんかく)に注目

                       FMIC 大岩和男・岩崎壽夫

将来の事業づくりや企業変革活動は簡単なことではありません。たくさんの試行錯誤の積み重ねです。その際に重要なことは質の良い振返り分析です。質の良い振返り分析のためのポイントのひとつが△(さんかく)の中身や要因を研究することです。

学生時代にテストを返却されると、「○」「△」「×」がついていました。○は既に理解している、×はほとんど理解していない、△はまだ理解が曖昧だが、○に近い分野です。

企業における振返り分析においても同様です。振返ると×(できていないこと)に目がいきがちなこともありますが、×を○にするためには多くの時間と労力がかかります。また、その過程で、本来、力のある現場の方々が自信をなくしてしまうかもしれません。一方で、△に着目して、△を引き上げていくうちにもともとの「×」が「△」になり、自然に全体が○になることもあります。変革速度のアップにも△アプローチは有効です。成果が速く出るからです。

ただし、企業活動は△だらけ(○でも×でもない)ですから、△の層別や要因のなぜなぜ力を組織的に向上させることが重要です。また、意識的に△にする人もいるので要注意です。検討"中"などはその最たるものでしょう。

ちなみに、江戸時代後期に適塾で学んだ福沢諭吉の記録によれば、適塾では、蘭語を上手に訳せると○、失敗すると●、特に上手にできて皆の議論が沸いた者には△がつけられたそうです。△は「出来が悪い」ではなく「上向きの未来志向の記号」とも言えるでしょう。

=====================================================================

■2011年第1期 FMIC特別セミナー<PR>

【未来戦略経営の実践】

 ~ 目先対応から収益力ある未来戦略へ ~

   2011年第1期開催のFMICセミナーをご案内申し上げます。
 ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。E-mail

*事業計画の実現力・変革力強化に向けて
  (G-01)職場をみるみる変える≪板書ファシリテーション術≫<05月27日>

=====================================================================

■FMIC特別企画研究会 【企業を超えて未来を創る(未来維新会)】

様々な企業の方々を一同に介し、未来産業を創発するという志のもとで、企業
横断型の研究会「未来維新会」を開催しています。

<<第三期でも多くのアイディアが生まれました>>
お陰様で多くの皆様にご参加頂き、様々なコラボレーションが実現されました。
その中から、世の中の価値観を変革させる「地球規模の構想」、地域の知恵と
先端技術を連鎖させる「地域産業モデル」等のアイディアが生まれました。

第四期では、これらアイディアの実現に向けた検討、新規未来産業アイデアの
創出等に取組む予定です。近日中にご案内をさせて頂きますので、ご興味のあ
る方には是非ご参加頂きたいと存じます。

第4期 12月~3月 参加者20名で開始
第5期  6月~9月 募集中

未来維新会では「構想」から「実践」へと展開すべく今後も続けていきたいと
考えております。

研究会概要とお申込み・ご質問などは下記をご参照ください。
http://fmic.jp/seminar_event/FMIX.html

====================================================================

■出版物のご案内

『未来戦略シナリオ』  
 企業のリーダーやマネジメントに携わる方々。また、未来に向けた戦略立案に関心のあるビジネスパーソンの皆様はぜひご一読ください。
 https://ssl.fmic.jp/sendmail/ApplyBook.html

『職場を変える 富士通の品質改善活動(Qfinity)』
 21世紀型の全員主役・俊敏改善の基本手法と事例が紹介されています。
 FMICも活動展開と執筆に協力させていただきました。
 https://ssl.fmic.jp/sendmail/ApplyBook.html

 上記2冊は弊社HP、または各書店HP・店頭にてご購入いただけます。

 ▼FMIT 技術資料▼
  1.真のグローバル化による成長戦略
  2.イノベーションとは未来づくり
  3.サムスン電子の開発価値革新に学ぶ
  4.気づきからイノベーションを
  5.デジタル時代を支える本人認証
  6.企業連携による新規事業の立ち上げ
  7.板書ファシリテーション

 未来開発経営の技術を広く社会へ提言。未来経営を担うリーダーの皆さまの必読書です。ご購入・ご質問は下記メールアドレスにお問合せください。

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

FMIC個人情報保護に対する基本方針について
http://www.fmic.jp/policy.htm

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

FMICメールマガジンのバックナンバーはこちら
http://www.fmic.jp/Mailmagazine/

書籍のご購入、このメルマガに対するご意見、その他ご要望はこちらまで E-mail

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

このFMICメールマガジンは(株)FMICが主催するワークショップにご参加頂いた方、及び弊社コンサルタントが名刺交換させて頂いた皆さまにお届けしております。受信アドレスの変更、配信の中止、掲載された情報の転載を希望される場合は、下記までご連絡ください。
E-mail

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

(株)フューチャーマネジメントアンドイノベーションコンサルティング
〒105-0001 港区虎ノ門4丁目2-12 虎ノ門4丁目MTビル2号館
TEL:03-3459-8178 FAX:03-3459-8179
編集(佐藤・梅北)

FMIC: http://www.fmic.jp/
JMAC: http://www.jmac.co.jp/
IMIG: http://www.imig-ag.de/