メールマガジン

2011年

メールマガジン配信をご希望の方は 所属、氏名、メールアドレス、連絡先を明記の上、こちらまで

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

◆◇◆FMIC メールマガジン◆◇◆
2011年06月21日 第80号 http://www.fmic.jp

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

◆◆東日本大地震の被害にあわれた皆様に心からお見舞い申しあげます。◆◆

FMICはJMAC(日本能率協会コンサルティング)とドイツのIMIG社による戦略的合弁企業として設立されたコンサルティング企業です。企業の成長戦略デザインとその実現化プロセスをサポートします。

▼ INDEX ▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      
 (1)2011年第2弾 FMIC未来戦略経営セミナーのご案内
 (2)はじめるをはじめよう(その57)
    『未来産業を拓くGlobal Value Exchangeの研究』
 (3)特別企画研究会【企業を超えて未来を創る<未来維新会>】
 (4)出版物のご紹介
  

====================================================================

■第13期 FMIC未来戦略経営セミナーのご案内

 FMIC未来戦略経営セミナーは、事業変革・変革人材づくりに取り組むための、
 未来戦略導入講座です。多忙な革新リーダーのために「理論」「演習」「研究」
 を凝縮した半日講座です。
 お申し込みは、下記のサイトからお願いいたします。
(http://fmic.jp/seminar_event/fmic_seminar.html)
 
今回の主題:革新ジレンマを克服し攻めの経営へ
 [講座一覧] *()は講座番号 
            
(1301)未来戦略と中長期計画見直し ①07月28日(木)②10月06日(木)
(1302)部門別機能の革新デザイン①08月24日(水)②10月14日(金)
(1303)戦略思考力強化とツール開発①09月06日(火)②10月18日(火)
(1304)未来産業と次世代事業研究①09月20日(火)②10月26日(水)
(1305)場のマネジメントと協働力①08月04日(木)②09月22日(木)
(1306)未来戦略と知財革新①08月23日(火)②10月12日(水)
(1307)板書ファシリテーション①09月09日(金)②10月20日(木)
(1308)グリーンビジネスとMFCA①09月13日(火)②10月04日(火)
   *企業様のニーズに合わせた、出張カスタマイズセミナーも行なっております。

    ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。E-mail

▼「はじめるをはじめよう(その57)」 ▼━━━━━━━━

未来産業を拓くGlobal Value Exchangeの研究

                       FMIC 大岩和男・岩崎壽夫

FMICでは未来産業の研究を通じて、企業の皆様と次世代事業の構想を進めている。今回は未来産業ユニットのひとつである「Global Value Exchange(以下GVE)」についてふれたい。

GVEとは、自然と人間、人と人、人々と情報、知識と知恵等の断片情報を世界ベルで相互交換することから価値を創出する産業である。

例えば、天気予報のウェザーニューズ社(東京都港区)は、気象「観測」情報に人間の五感による『感測』情報を加え、「あなたの気象台」としてさまざまなカスタマイズした情報を提供する新たなビジネスを創出した。人の感性や感情を情報に付加することで、情報の価値は変わり、イノベーションの機会が創出されたのである。

ホンダがインドに進出し、工場を建設した。インド政府から感謝されたことは「雇用創出」ではなく「日本流のものづくり作法(Art)の伝授」であったという。車や工場やマニュアルではなく、もっと基本的な何かにインドの方々が感動してくれたのである。

20世紀の工業化社会は多くの技術を生み、社会や人類に役立つ製品やサービスが提供されて生活を便利にしてきた。しかし、自然や社会の広さや深さは無限であり、我々はその一部しか理解できてない。人間は自然や社会と対峙することによる「気づき」という優れた断片情報の情報創出力や発見力を持っている。因果的論理でないこの断片情報こそが、GVEの研究対象である。

「固体→液体→気体」という状態変化でみると、質量保存の法則で質量は一定であるが、体積は増大し、密度は小さくなっている。ビジネスにおいても、我々は質量保存にのみとらわれ、変化する性質を見過ごしているかもしれない。付加価値を考える視点がそこにある。工業化社会を情報の「直接的処理活用」とすると、今まさにはじまっている高度情報化社会は「情報の変換活用」と考えられる。未来産業を創出する視点のひとつとして、情報のExchangeがあると想定し、研究をはじめることにする。
(投稿:FMIC佐藤滋)

====================================================================

■FMIC特別企画研究会 【企業を超えて未来を創る(未来維新会)】

様々な企業の方々を一同に介し、未来産業を創発するという志のもとで、企業横断型の研究会「未来維新会」を開催しています。
企業横断で未来産業を議論し、あるテーマを元に社会・地球・地域・未来事業・技術開発・企業組織等についての研究を行ないます。また、研究結果や議論プロセスや発想法は、各社の未来づくりにも反映できるように工夫しています。

<<多くのアイディアが生まれました>>
お陰様で多くの皆様にご参加頂き、様々なコラボレーションが実現されました。 その中から、世の中の価値観を変革させる「地球規模の構想」、地域の知恵と先端技術を連鎖させる「地域産業モデル」等のアイディアがこれまでに生まれ、実現に向けた活動も始まっています。

未来維新会では「構想」から「実践」へと展開すべく今後も続けていきたいと考えております。

 ◆第5期日程
  【第一回】 7月20日(水) 
  【第二回】 8月19日(金)
  【第三回】 9月30日(金) 
  【第四回】10月28日(金)

 ◆研究テーマ
  ①次世代海洋産業(継続テーマ)
    ・日本は世界第6位の海洋大国である。この広大なフロンティアに対す
     る姿勢として、従来行ってきた搾取型からの転換が必要だと考える。
    ・民間企業が中心となった「環境&地域&事業」の三位一体となった地
     域モデルの創出を図る。更に、東北の海、世界の海へと展開を目指す。
  ②グリーンビジネス(新規テーマ)
    ・エネルギーに関する産業において、原発事故、原油流出等に見られる
     様に様々なリスクが誘発されている。
    ・エネルギーの9割以上がロスになっていることに着目し、エネルギー
     問題を複合的な問題として捉えることで、グリーン文明/グリーンビ
     ジネスの創造を図る。
  ③次世代食糧システム(新規テーマ)
    ・現在から未来に向けて、世界的な食糧枯渇や日本での低自給率に対す
     る警告が叫ばれている。
    ・食糧の増産、生産~消費にある膨大なムダの削減、食糧の質の変革に
     よる減産(維持)、消費スタイルの変革による減産(維持)等、多様
     なアプローチが考えられる。様々な要因が絡み合う当問題の根本原因
     を追究し、新しい食糧システムの構築を図る

ご興味のある方には是非ご参加頂きたいと存じます。
研究会概要とお申込み・ご質問などは下記をご参照ください。
http://fmic.jp/seminar_event/FMIX.html

====================================================================

■出版物のご案内

『未来戦略シナリオ』  
 企業のリーダーやマネジメントに携わる方々。また、未来に向けた戦略立案に関心のあるビジネスパーソンの皆様はぜひご一読ください。
 https://ssl.fmic.jp/sendmail/ApplyBook.html

『職場を変える 富士通の品質改善活動(Qfinity)』
 21世紀型の全員主役・俊敏改善の基本手法と事例が紹介されています。
 FMICも活動展開と執筆に協力させていただきました。
 https://ssl.fmic.jp/sendmail/ApplyBook.html

 上記2冊は弊社HP、または各書店HP・店頭にてご購入いただけます。

 ▼FMIT 技術資料▼
  1.真のグローバル化による成長戦略
  2.イノベーションとは未来づくり
  3.サムスン電子の開発価値革新に学ぶ
  4.気づきからイノベーションを
  5.デジタル時代を支える本人認証
  6.企業連携による新規事業の立ち上げ
  7.板書ファシリテーション

 未来開発経営の技術を広く社会へ提言。未来経営を担うリーダーの皆さまの必読書です。ご購入・ご質問は下記メールアドレスにお問合せください。

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

FMIC個人情報保護に対する基本方針について
http://www.fmic.jp/policy.htm

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

FMICメールマガジンのバックナンバーはこちら
http://www.fmic.jp/Mailmagazine/

書籍のご購入、このメルマガに対するご意見、その他ご要望はこちらまで E-mail

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

このFMICメールマガジンは(株)FMICが主催するワークショップにご参加頂いた方、及び弊社コンサルタントが名刺交換させて頂いた皆さまにお届けしております。受信アドレスの変更、配信の中止、掲載された情報の転載を希望される場合は、下記までご連絡ください。
E-mail

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

(株)フューチャーマネジメントアンドイノベーションコンサルティング
〒105-0001 港区虎ノ門4丁目2-12 虎ノ門4丁目MTビル2号館
TEL:03-3459-8178 FAX:03-3459-8179
編集(佐藤・梅北)

FMIC: http://www.fmic.jp/
JMAC: http://www.jmac.co.jp/
IMIG: http://www.imig-ag.de/