未来づくりの知恵袋

■ WEB会議で地上戦討議をするためのビジュアル化フォーマット

 

• FMICが、研修やワークショップで討議を行う際には、共創・コラボの効果を高めるために、討議内容をリアルタイムで見える化します。これを私たちは地上戦討議と言っています。

• 通常の対面の会議では、討議を見える化するために、ホワイトボードや模造紙、ポストイットを使います。Onlineミーティングでは、それらに代わるものが必要です。パワーポイントの白紙のページを使うこともありますが、様々な思考のカタを、Formatとして使うことも多いです。

• それらの思考のカタからWEB会議における地上戦討議でよく用いるものを選別し、そのパワーポイントファイルをDownloadすることで、皆さんに使ってもらえるようにしました。

ビジュアル化フォーマットは下記の一覧表からDownloadできます(1~9まで毎週追加で公開します)


◆思考のカタの使い方を紹介する動画  →→→ こちら

   フォーマット名  解説
  1. 実践知の見える化
実践の中に潜む暗黙知を見える化、形式知化し、それを整理して、結論をまとめ、見える化する
 1) K&T  他者から共感される点を発見“K”し、そこを伸ばすアドバイス“T”を行うコラボ手法
 2) Fact-YWT  改善の工夫と、それによる変化を見える化し、次のアクションを導き出す
 3) 現場次見簿  新しい事業、商品、技術等の企画の現場検証から新たな知、アイディアを発見する手法
 4) KJ法     さまざまな情報、知、アイデアをまとめ、関係性を見える化し、新たな仮説を想像する手法
 2. マトリクス法:
2つの視点ごとのレベルHigh/Lowを組み合わせて、優先度の高い分野を絞るための現状分析や、課題・アイディアの発想・抽出を促す
 1) アンゾフの成長マトリクス  企業・事業が成長するための戦略アイディアを考えるためのフレームワーク
 2) PPM ポートフォリオマトリクス  お金、人材などの経営資源を無駄なく事業へ分配するための分析手法
 3) 重要度/緊急度マトリクス  テーマ、課題、仕事の優先順位を見きわめるための分析手法
 4) FINE分析マトリクス  テーマ、課題、仕事の価値を考えるための分析手法
 3. 四象限法
四つの異なる視点で取組むべきこと、やるべきことの課題・アイディアの発想・抽出を促す
 1) SWOT分析  企業や事業の戦略、計画を立てるために、外部・内部の現状、課題の分析のカタ
 2) クロスSWOT分析  戦略策定のアイディア、およびその実践アイディアを引き出す分析のカタ
 3) PEST分析  マクロな外部環境分析のカタ
 4) SHINKA分析  戦略の現状レベルを認識し、新たな戦略課題を考えるカタ
 4. マップ法
問題、課題やその解決アイディアなどを発想・抽出する視点を提示し、位置づけ、整理する
 1) 3C分析  競争を優位にするKFSを発見するための分析手法
 2) Five Forces分析  競争要素を把握し分析し、将来の業界環境、課題を予測、分析する手法
 3) Q-Map  品質的な問題、課題を、対象物の構造と関連付けて抽出、整理する分析手法
4) プロセスQ-Map   品質的な問題、課題を、プロセスと関連付けて抽出、整理する分析手法;
 5. 対比図法
対極的な2つの視点で整理し、その違いを見える化する
(1月31公開予定)
 1) Before After  
 2) 過去 未来  
 6. 俯瞰図法
多様な視点の課題・アイディア等の発想・整理を俯瞰的に行う
(2月7日公開予定)
 1) 未来カタログ  
 2) マンダラチャート(目標達成シート)  
 7. 構造図法
討議テーマに即した構造的な分析、整理や、問題・課題・アイディア等の発想・抽出を促す
(2月14日公開予定)
 1) 構成図  
 2) マインドマップ  
 3) 特性要因図  
 8. プロセス図法
物、業務、情報、設計、意思決定の流れなどを見える化する (2月21日公開予定)
 1) 製造プロセス  
 2) 開発プロセス  
 3) ワークフロー  
 9. 仮説デッサン
新たな仮説デッサン、アブダクション実践用の思考の見える化、新たな領域に応じた思考のカタの仮説が必要
(2月28日公開予定)
 1) CSV二軸図(社会発展と経済発展)